工業の宮大工 アルミリヤカー修理その2

よくよく確認したところ、折レ部の取付ピンが抜けてしまっており、

なくなっていました。

DSCF3603

長さも製品に合わせ自作します。

ピンも旋盤で制作し、Eリングで止めて取付完了

DSCF3624

次は補強溶接部を紹介します。

 

長尺旋盤ソリューション アルミ溶接ソリューション 大物加工ソリューション 工業の宮大工プロジェクト