機械加工をする工作機械の中でもたくさんの用途がある旋盤加工。

ここでは、旋盤加工機械を用途によって選ぶことについて触れていきます。

普通旋盤

旋盤の原理を知り、基本を学ぶのに最適

昔から用いられてきた普通旋盤。今では多種多用な旋盤の機械ですが、その原点ともいえるのが普通旋盤です。今ではほとんどがNC旋盤で加工されていますが、普通旋盤に触れると原理について理解を深められると共に、技術によって仕上がりに大差がつくということもわかります。最近では数値制御では無く人が動かすので、「職人旋盤」なんて呼ばれたりもします。当社サーフエンジニアリングでもバリバリの「職人旋盤」をやっております。職人旋盤では、NCで削れない複雑な物をプロの技で素早く高品質に加工することもできます。難しい加工では職人旋盤もまだまだ現役です。

卓上旋盤

省スペースの作業に最適

旋盤加工機械の大きさは様々です。広いスペースの確保が難しい場合は、卓上旋盤の出番です。これはベンチレースとも言われる小型の旋盤機械です。小さなものの加工のみが出来ます。変形しにくいことが特徴ですが、加工時間が短く刃物の取り換えが頻繁に必要なので、作業従事者の集中力を維持することが作業効率に大きく影響します。

縦旋盤

異なる形状でも対応可能

大きなものの旋盤をする必要がある場合は、縦旋盤での加工が便利です。ほかの旋盤機械ではバランスがとりにくいものでも加工しやすく、かつ製品の取り付け時の恐怖感も少ないのが特徴です。

自動旋盤

大量生産に最適

材料がある限り動き続けてくれる、無人運転機能のある自動旋盤は、同一部品の量産に大変向いています。材料のセットと、仕様を入力するだけでの量産が可能ですので、たくさんの加工をしてしまいたい場合に大変魅力的です。民生品の大ロット製品ではほぼ無人の工場で自動旋盤が多くの部品を生産しています。

 

いかがでしたか?用途によって様々な使い分けが出来ることを知っていただけたかと思います。旋盤機械の導入の際には、メリットデメリットを知っておきましょう。

当社サーフエンジニアリングの主力事業は旋盤加工です。特に長尺旋盤加工は関東圏トップクラスの実力と設備を持っておりますのでぜひご相談下さい。

 

長尺旋盤ソリューション アルミ溶接ソリューション 大物加工ソリューション 工業の宮大工プロジェクト