実は何気ない日常にたくさん溢れる“溶接”の技術を使って作られたものたち。

溶接は私たちの暮らしに無くてはならない技術です。まずは、溶接とはどういった技術なのかをご紹介し増す。

材料を接合する技術の代表格

材料を接合することは、重要なことです。接合した部分が離れることなく、しっかりと連結した状態になるようにする技術が溶接です。熱を加えるか、圧力を加えるか、またその両方を加えることにより材料を接合します。溶接棒といった溶加材を適宜用いて材料同士を接合します。

溶接方法

溶接方法にはたくさんの種類があり、接合するために用いる方法によって大きく融接、圧接、ろう接に分類することが出来ます。融接は、溶接したい部分を加熱して、溶加剤を用いて接合させる方法です。熱によって溶解した金属を作って、接合する方法が融接といいます。

それに対して、接合部へ機械的な圧力をあけて接合する方法が圧接といいます。また、接合したいもの(母体といいます)を溶融せずに、接合面の隙間に溶加材を溶融させて接合する方法がろう接といいます。

溶接の歴史

溶接は歴史的にも古くから使われている技術であり、紀元前3000年頃には金属を接合していたといわれています。古代文明として有名なメソポタミア地方ではオスの死かの頭部の銅の飾り板が発見されていて、その接合にはろう付が用いられています。古代から金属の接合をするために用いられてきた技術であるということがわかります。

(※参考※ 一般社団法人 日本溶接協会)

 

長尺旋盤ソリューション アルミ溶接ソリューション 大物加工ソリューション 工業の宮大工プロジェクト