溶接の代表格といわれるアーク溶接に対し、異なる原理で接合をする「ガス溶接」。ここでは、ガス溶接の原理と特徴をご紹介します。

ガス溶接の原理

ガス溶接とは、名前の通りガスを用いての溶接です。酸素とアセチレンガスを用いて、金属を熱していくことによって溶融させて接合します。ガスについては、制御が大変ラクで、加工する金属が薄い場合でも比較的溶接しやすいといわれています。

事前のクリンリネス

溶接部については、ガスを用いて熱することも考えて、溶接する部分をきれいにしておくことが大切になります。また、母材の厚さに対応した火口を用いることも重要です。

気をつけるべきポイントを押えておこう!

ガス溶接は熱が分散しやすいのが特徴です。そのために、溶接をする時間が長くなりがちで加熱する時間を増やす分、材料に負荷がかかってしまいます。このため、溶接加工が適切に行えないと強度不足が発生する可能性があります。素早い作業で、適切な部分を熱して接合できるように作業することが重要になります。

 

長尺旋盤ソリューション アルミ溶接ソリューション 大物加工ソリューション 工業の宮大工プロジェクト