リバースエンジニアリング

ひさびさの紹介になります、、、、リバースエンジ、、、、

スクリューシャフトの修正と専用ジグの作成と砲金の肉盛と旋盤加工です!!!

dscf6219 dscf6225

昔からこんな事も、通常業務として行っております。

盆暮れの大手ライン改修工事が懐かしいです!!!

信金中央金庫 産業企業情報(2016.10.24)掲載

信金中央金庫 産業企業情報28-9(2016.10.24)「知的資産の効果的活用を目指す中小企業事例からの示唆 -知的資産の点検・再評価で経営の持続発展力が向上」に事例として掲載されました。

あらためまして、ご支援賜りました関係機関様に深く御礼を申し上げます。

産業企業情報28-9 PDFへのリンク

DL-75〉汎用NCでの旋盤加工品・・・測定中

010

008

先日のピカピカのや~つ(笑)社長が測定中です。多段なので箇所箇所で真剣に(当たり前ですが・・・)測定してます。

この測定器も色々と呼び名があって・・・・『スケール』『ノギス』「マイクロメーター』・・・・等々、目的にあった測定器を使わないといけないらしいです。定規とものさしを同じものと思っているようなド素人の私にはすべて同じに思えちゃいます・・・(勉強しまふ・・・)

DL-75〉汎用NCでの旋盤加工品

ピカピカのや~つです!!旋盤は本当に奥が深い・・・                 このピカピカにするにもきちんと理論があるらしく・・工具の選定と機械の回転数よるらしいのですが・・・3歩歩き知識に残らず・・・社長すみません!!汗汗

019 020

 

歴史の話をすると、1500年頃レオナルド・ダ・ビンチが旋盤とか研削盤のスケッチをしていたらしいです(ただし、アイディアが高度すぎたのか200年くらい実用化されなかったらしいです)でも、ダ・ビンチのアイディアが今の工作機械の原型ってすごいですよね・・・

ねじねじねじねじねじねじねじね・・・・

なんだか「十回ゲーム」のような呪文のような・・・ネジを連呼していると最後は「ね」で終わりませんか?(私だけでしょうか・・・・)

ねじの工具関係はいつも謎。社長やおかみさんがタップとかダイスとか・・・・教えてくれるのですが3歩歩いて忘れちゃいます・・・汗汗(私には旋盤の才能なさそうですね)やっと図面の解釈はじわじわと・・・です!!

015 014

工場にしれっとねじきりの旋盤加工品発見です!1000Lくらいでしょうか?

013

長尺旋盤加工×丸太・・・

過日、材料入荷で紹介させていただいた丸太さん2本のその後です。加工機械はDL-95(大日金属)での旋盤加工品です。

先端部はだいぶ華奢になりました☆(加工時間もだいぶかかるです)

まだまだ加工途中ではありますが大部全貌が見えてきたのと+きずかず出荷されてしまう事を考え・・汗汗  旋盤加工品完成前にUPです!!!

006

なんかロケットのよう・・・

旋盤加工×「うすもの」 

工場で「うすもの」発見です!!!  うすものはチャックのくわえる方法が難しいらしく・・・・(「強くくわえる」とゆがむ⇔「やさしくくわえる」ても駄目・・・という)なんとも仕上がり以外にも、ワークとチャックの関係性も公差並の精度がいるようです!!

003 004 005   

旋盤加工の姿が絵になります!(私見です)

・・実は、会長に懇切丁寧に教えてもらったのですが、理解できたのはここら辺まで・・・w