細物シャフト(MCナイロン)

MCナイロンのシャフト加工です。

長さはすべて875mm

φ104 φ62.4 φ31.2 の三種類。

φ31.2は結構厳しかったようです。

φ104とφ62.4はNC旋盤で削りました。

こちらは特に問題なかったそうです。

(難しい加工ではありますが)

φ31.2のほうは・・

とにかく時間をかけて加工してましたが、

それでもテスト時に・・・。

 

無事納品することができました。

SUSパイプえぐり加工

φ16のパイプです。

溶接してとある形にするのですが、えぐり作業があるなしで

大違いです。

見た目もきれいに仕上がりますし、作業効率も上がります。

仕上がり製品はまだお見せすることが出来ませんが、

そのうち市場に出回ることと思います。

 

そのときは宜しくお願いします。

溶接シャフト

こちらも溶接はお客様なのですが、

フランジ部・シャフト1次加工はサーフで行い、

溶接されたものを再度預かり、加工します。

仕上がり後、再度溶接するため長さは約3mくらいになるそうです。

こちらも汎用とDL-75の両方で仕上げます。

 

シャフト S35C-N

サイズはいろいろありますが、

何度もやらせて頂いているシャフトです。

1次~溶接(お客様)~2次

汎用旋盤にてフランジ部

NCにて軸部

汎用とNCのコラボレーションで制作します!