SUS310 LB15NC旋盤

以前制作したピンと同じ加工です。

φ28*66 中心にφ9.2の穿孔加工となります。

DSCN0559 DSCN0560

LB15Ⅱ NC旋盤で加工です。

左右半分ずつ加工していきます。

DSCN0562 DSCN0563

まだかかりそうです。

DSCN0561 DSCN0565

終わってまだ1/4の工程です。

SUS310シームレス管ネジ加工

ネジ切加工です。

サイズは PS2-1/2

DSCN0550 DSCF4008

簡単な加工に見えますが、、、、、

社長は集中して音を聞き分けながら、ビリを気にしています。

パイプ自体の少しの肉厚の違いによっても変動が出るみたいです。

また刃物も特殊なもので切削しています。

ただのネジ加工ですが奥は深いです。

仕上がりが綺麗です。

DSCN0558 DSCN0551

ネジ加工後、穿孔加工へと続きます。

 

 

開放用バルブ(試作・超特急)

とある装置の実験のため、

写真左。

パンチングプレートを自社で巻き、ネットを溶接。

DSCF4010

 

受け台座FB加工品とパイプ加工品です。

 

 

こうなります!

イメージを伝え、社内で検討し意見交換しながら

作成です。

DSCF3996

バルブや塩ビ部材は購入品ですが、

スピード重視で作成しました。

 

 

ステンレス溶接

歪み・曲がりが出ないよう気を付けます。

今回は溶接ボス φ315*100です。

DSCF3645

時にはテストピースで確認したり、

DSCF3649

最終的にはよく仕上がりました。

DSCF3656

このあと旋盤で仕上げてから、ジェイテック高津社長のところで

キー加工をしてもらいます。

アルミリヤカーその3

アルミリヤカーの続きです。

DSCF3610 DSCF3611

各所補強溶接を行いました。

どれくらい使用したかお聞きしませんでしたが、それなりにへたっていました。

DSCF3623

アルミ製品は見た目溶接がくっついているように見えても、

実際にはくっついてないことも多いです。

温度管理や溶接棒の選択など、難しい溶接です。

何かありましたらサーフまでご連絡を!!!

 

モーターベース仕上げ加工

実は工業の宮大工仲間との連携から始まった仕事です!!!

1500*750*320のモーターベース

DSC_1241

高さの仕上げ加工と穴あけ加工です。

上下面プレーナーにて加工です。

DSC_1299

仕上がり面が美しいです!

DSC_1301

すべてかもですが、特に仕上がりが綺麗なものは

気を使います。

無事出荷しました!!

プレナーのS社長、、、ありがとうございました!!!!!